骨盤矯正ベルト

骨盤矯正ベルトは効果があるのか!?

ベルトを巻くだけで本当に骨盤が元の位置に戻るのか…?と思ってしまいますよね。
ベルトを外したら骨盤は元の位置に戻ってしまうのではないかと思う人も多いようです。

骨盤矯正ベルトはどのようにして骨盤を元の位置に戻してくれるのでしょうか。

骨盤矯正ベルトは衰えた筋肉の役目にも!!

骨盤は骨盤の周りの筋肉によって支えられていますが、この筋肉が衰えると骨盤を支えきれなくなって骨盤がゆがんでしまいます。

ベルトが衰えた筋肉の役目を果たし、骨盤を元の位置で支えてくれるのです。

骨盤矯正ベルトで筋肉のバランスが整う理由

骨盤がゆがむと、使われる筋肉と使われにくい筋肉がでてきてしまい、筋肉が使われないところは脂肪が付きやすくなってしまいます。

骨盤ベルトは先に説明したように、骨盤を正常な位置に戻してくれます。

そのため、使われずに衰えてしまった骨盤周りの筋肉も使われるようになり、筋肉が強化されて全身の筋肉のバランスが整ってくるのです。

骨盤矯正ベルトを外すとまた歪んでしまうの?

骨盤矯正ベルトを外すと、始めのうちは骨盤がまた歪んだ位置に戻ってしまいますが、骨盤矯正ベルトを付けて生活をしているうちに、今まで衰えていた筋肉が強化されて骨盤を支えてくれるようになり、骨盤矯正ベルトがなくても骨盤が正常な位置で保てるようになります。

骨盤矯正ベルトは骨盤を正常な位置に戻すだけでなく、それに伴う筋肉強化によってしっかりと骨盤矯正をしてくれるのです。

骨盤矯正ベルトの使い方

さまざまな骨盤矯正ベルトがあり、それぞれに使い方があるので必ず説明書等を確認する必要があります。

間違った使い方をすると、効果が出にくいだけでなく、内臓を圧迫して体調を崩すことにもつながります。

骨盤矯正ベルトはいつ使う!?

骨盤矯正ベルトは種類によって、寝る時にも使えるものや寝る時は外したほうが良いものがあります。

寝ている時にベルトがずれてしまうと、骨盤を締めつける力が間違った方向に働いてしまうこともあります。

長い時間つけていればその分効果が出るように感じてしまいますが、使う時間帯も守って使用する必要があります。

骨盤チューブ(ゴムチューブ)との違い

骨盤チューブ(ゴムチューブ)と骨盤矯正ベルトを勘違いしている人が多いようです。

骨盤矯正ベルトは日常生活で使用できますが、骨盤チューブは骨盤矯正のための体操をするときのみ使用します。

骨盤チューブ(ゴムチューブ)とは

骨盤チューブは、骨盤矯正のために運動や体操を行う時に、骨盤を正しい位置で固定するために使用します。
骨盤が正常な位置にないと、動作に自分のクセが出たり、体操している間に骨盤が開いてしまったりします。

骨盤矯正ベルトが骨盤を固定するのに対し、ゴムチューブは骨盤を締め付けて使用します。
そのため、骨盤チューブは体操や運動をしている間しか使用しません。

もちろん骨盤矯正ベルトを使用して体操や運動もできますが、ゴムチューブに比べると効果が低いようです。

体操中や運動中はゴムチューブ、普段の生活の中では骨盤矯正ベルトというように使い分けると良いでしょう。

  • 【骨盤のゆがみの種類】骨盤の歪み・ズレ・開きについて
  • 【巻くだけダイエットで骨盤矯正】方法・効果・巻き方について

  • 【骨盤とゆがみのメカニズム】骨盤の役割や歪む原因とは
  • 【その症状!骨盤のゆがみが原因かもしれません!】歪みが招く様々なトラブル
  • 【骨盤矯正のしくみと効果・方法】整体やストレッチでゆがみを矯正!
  • 【骨盤ダイエットと骨盤ベルト】多様な骨盤ベルトとその効果
  • 【骨盤のゆがみと出産の関係】妊娠〜出産が骨盤に与える影響とは?
  • 【骨盤矯正コラム】矯正グッズやピラティスでゆがみを治す