骨盤ダイエット,方法

呼吸法と骨盤エクササイズで理想的な骨盤に!

骨盤を正常な位置に戻すためのエクササイズはたくさんありますが、ここでは骨盤エクササイズを呼吸法と合わせて行う方法をご紹介します。

骨盤体操については他のページで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは呼吸法を確認しましょう。

鼻から息を吸い、口から吐く「腹式呼吸」を行いながら、エクササイズを行っていきます。

通常行っている呼吸は「胸式呼吸」ですが、複式呼吸はお腹の動きによって横隔膜が上下に動き、心と体をリラックスさせ、血圧が上がるのを防ぐ効果などがあります。

  • ● 鼻から息を吸う
  • おへその下の方を膨らませるようにして行います。
  • ● 口から息を吐く
  • 基本的には口から息を吐きますが、鼻から息を吐く方がやりやすい場合には鼻からでも良いです。
    おへその下の方をへこませるように行いましょう。

エクササイズを始めましょう!

用意するものは椅子だけ!
職場で休憩中にもできる簡単エクササイズです。(椅子は座ったときにしっかり足がつくものが良いです。)

  • ● 呼吸を確認しながら準備体操
  • 1.椅子に背筋を伸ばして座ります。 両足はしっかり床につけましょう。
  • 2.息を吐きながら、姿勢を崩さずに自分の真後ろをみるようにして体を右にねじります。
  • 3.しっかり体がねじれているところでストップ。5回ゆっくり呼吸を行います。息を吸いながらゆっくり体を戻します。
  • 4.左も同様に行い、左右それぞれ3〜5回行いましょう。

ポイント
・両足が動かないようにして、腰だけをねじります。

  • ● 骨盤を守る腹筋を鍛えて骨盤ゆがみを解消!
  • 1.椅子に座って、背筋を伸ばします。
  • 2.姿勢が崩れないように、息を吐きながら右足を持ち上げ、膝を胸に近づけるようにします。(手は使わず、できるところまで持ち上げましょう。)
  • 3.息を吸いながら足を下ろして、元の姿勢に戻します。
  • 4.左足も同様に行います。

ポイント
・呼吸を止めないで、余裕があったら呼吸の時のお腹の動きも意識して行いましょう。 左右交互に10回ずつ行います。

  • ● 腰の筋肉を鍛えて骨盤をリセット!
  • 1.椅子に背筋を伸ばして座ります。
  • 2.足を肩幅より広く開きます。
  • 3.ゆっくり息を吐きながら体を倒して、床に両手をつけます。
  • 4.ゆっくり息を吸いながら体を起こします。

ポイント
・体を起こしたときに、しっかり背筋を伸ばして最初の姿勢に戻すようにしましょう。呼吸をしっかり行いながら10回行います。
勢いをつけずにゆっくり行うことが大切です。

骨盤矯正ダイエットの効果を高める方法

骨盤矯正ダイエットで体操やエクササイズを行っても、普段の生活で骨盤に良くない姿勢やクセを行っていたら、なかなか効果がでません。

普段の生活の中でも骨盤のケアを忘れないことが大切です。

  • 【骨盤のゆがみの種類】骨盤の歪み・ズレ・開きについて
  • 【巻くだけダイエットで骨盤矯正】方法・効果・巻き方について

  • 【骨盤とゆがみのメカニズム】骨盤の役割や歪む原因とは
  • 【その症状!骨盤のゆがみが原因かもしれません!】歪みが招く様々なトラブル
  • 【骨盤矯正のしくみと効果・方法】整体やストレッチでゆがみを矯正!
  • 【骨盤ダイエットと骨盤ベルト】多様な骨盤ベルトとその効果
  • 【骨盤のゆがみと出産の関係】妊娠〜出産が骨盤に与える影響とは?
  • 【骨盤矯正コラム】矯正グッズやピラティスでゆがみを治す