妊娠

妊娠すると変化する骨盤の動き

骨盤は妊娠していても、妊娠していなくても、日々開いたり閉じたりを繰り返していますが、妊娠中は骨盤が通常よりも大きく開くようになります。
そして、徐々に骨盤が開いていき、出産するときには最も大きく開いています。

妊娠中の骨盤の開きが大きくなる原因は、じん帯のゆるみにあります。
妊娠中はホルモンの影響で骨盤を支えるじん帯がゆるんできます。
そのために、骨盤の開閉の幅が広がるのです。

骨盤の動きの変化が引き起こす妊娠中の症状

妊娠中の骨盤の開きが原因で起こる症状に、尿漏れ・腰痛・恥骨痛・足のつけ根の痛み・痔などがあります。
早い人では、妊娠初期からこれらの症状がみられる事があります。

腰痛は妊娠中に最も多くみられる症状ですが、一般的に赤ちゃんが大きくなってくる妊娠5ヶ月ごろから骨盤の開きが原因で起こります。
骨盤が開いて筋肉の緊張のバランスが崩れてしまうのです。

また、恥骨痛は妊娠後期に骨盤の開きが原因で、骨盤を構成する恥骨(恥骨結合)にも緩みが出てくるために起こります。
骨盤のゆがみがひどい場合には、恥骨結合の軟骨を痛めてしまい、出産後にも痛みを生じることがあります。

妊娠中の骨盤ケアどうしたらいい?

骨盤はおなかの赤ちゃんを支える大切なものです。
ゆがみがあると赤ちゃんの居心地も良くありません。

そして、妊娠中の骨盤ケアは出産後の骨盤の戻りにも影響してくるので、とても大切なのです。

いつから骨盤ケアを始めたらいい?

自分で骨盤ケアをする場合には、自分の体調の良い時に行い、安定期に入るまでは軽いストレッチ程度にしておくと良いでしょう。

心配な人は、足を組むクセに気をつけたり、姿勢を良くするように心がけたりするだけでも、骨盤のゆがみの予防になります。

また、整体やカイロプラクティックなどで骨盤矯正などを行ってもらう場合は、安定期に入ってからが良いでしょう。

妊娠していても整体で施術を受けられるの!?

整体やカイロプラクティックでは、最近妊娠中の人向けのコースが用意されています。

妊婦向けのマタニティ整体では、骨格の矯正などを行わずに、筋肉の緊張をほぐして骨盤のゆがみを取り、妊娠中の症状を緩和させてくれます。

また、整体やカイロプラクティックではうつ伏せになるイメージがありますが、妊婦さんの場合は仰向けやシムス姿勢など自分の楽な姿勢で施術を受けることができます。

妊娠中の骨盤ベルトの使用について

妊娠中に使用できる骨盤ベルトはたくさんありますが、医師に確認してから使用するようにしましょう。
骨盤ベルトは骨盤の開きすぎや、骨盤の開きによって生じる症状を予防することができます。骨盤ベルトの使用を病院で勧めている場合もあります。

しかし、骨盤ベルトには種類がたくさんあり、妊娠中に使用できないものもあるので注意が必要です。

また、骨盤ベルトを巻いて気分が悪くなったり、苦しくなったりする場合には使用を中止しましょう。

  • 【骨盤のゆがみの種類】骨盤の歪み・ズレ・開きについて
  • 【巻くだけダイエットで骨盤矯正】方法・効果・巻き方について

  • 【骨盤とゆがみのメカニズム】骨盤の役割や歪む原因とは
  • 【その症状!骨盤のゆがみが原因かもしれません!】歪みが招く様々なトラブル
  • 【骨盤矯正のしくみと効果・方法】整体やストレッチでゆがみを矯正!
  • 【骨盤ダイエットと骨盤ベルト】多様な骨盤ベルトとその効果
  • 【骨盤のゆがみと出産の関係】妊娠〜出産が骨盤に与える影響とは?
  • 【骨盤矯正コラム】矯正グッズやピラティスでゆがみを治す
関連リンク