産後ダイエット

産後の骨盤にやさしい過ごし方

産後の体と骨盤が元に戻るのは、約2ヶ月後だということです。
骨盤は体よりも少し時間がかかりますが、2ヶ月ほどで骨盤が元に戻り、6ヶ月くらいで固まります。

体も骨盤も元に戻るために、産後1ヶ月の過ごし方が特に大切です。
昔から言われている「床上げ」は昔は約3週間後、現在は約1ヶ月後とされています。

体のためにも、骨盤のためにも、産後1ヶ月はなるべく横になって体を休ませることが大切なのです。

骨盤に良い産後1ヶ月の過ごし方

出産後の骨盤は不安定で、骨盤周りの筋肉は弱っている状態です。
この時に体に無理がかかったり、重い物を持ったりすると骨盤や体に負担がかかってしまいます。
最も骨盤も体も負担がかかりやすい時期なので、無理せず安静に過ごしましょう。

上に子供がいる場合には、入院中にさびしい思いをさせてしまったことや、下の子に手がかかってしまうことから、つい抱っこする機会も増えてしまいますが、立って抱くのではなく座って抱きしめてあげてください。

産後直後からの骨盤ケア

上記で説明したように産後の第一の骨盤ケアは、安静にして体を休めることです。
骨盤を正常な位置に戻すために他に何かのケアをするならば、慎重に行わなければなりません。

なぜなら、産後2ヶ月までは骨盤が不安定なので、間違った骨盤ケアを行うと反対にゆがんだ骨盤にしてしまうこともあるのです。

産後直後に使用できる骨盤ベルトなどもありますが、正しく使用しましょう。
産後使用不可のものは締めつけすぎて悪影響を与えることも。
不安な場合は医師に確認してから使用するようにしましょう。

最近は出産直後から骨盤ケアの指導をしてくれる産院もありますし、整体やカイロプラクティックでも産後の骨盤ケアの指導を行っているところもあります。
心配な場合は専門家に相談してから行いましょう。

産後2ヶ月目の骨盤ケア

整体やカイロプラクティックの施術は産後2ヶ月目〜行う場合が多く、産後2〜6ヶ月で骨盤を正常な位置に戻すことが理想とされています。

産後6ヶ月くらいで骨盤は固まってしまいます。
そのため、骨盤がゆがんだまま放っておくと、ゆがんだまま固まってしまうのです。

体に負担のかからないストレッチや体操をしたり、骨盤ベルトを巻いたり、整体に通ったり…と骨盤矯正の方法はたくさんありますので、少しずつ始めていくと良いでしょう。
自分でケアする場合には、正しい方法で行うことが大切です。

産後しばらく経つと骨盤は元に戻らないの?

骨盤を元に戻す理想的な期間は、産後6ヶ月までです。
しかし、それ以上時間が経ってしまっても骨盤矯正することは可能です。

産後6ヶ月までが骨盤が戻りやすい時期であり、それに比べて産後6ヶ月以降は骨盤が固まっているので、戻りにくく時間がかかってしまうのです。

正しい方法で時間をかけて行えば、産後時間が経ってしまっていても骨盤矯正は可能です。

主な骨盤矯正グッズの産後の使用開始時期

骨盤矯正のグッズはたくさんありますが、グッズによって産後すぐに使用できるもの・できないものがあります。

焦って適さないグッズを使用することは、骨盤に悪影響を与えます。
産後の骨盤がデリケートな時期は、グッズの使用も慎重に!

骨盤矯正グッズ

産後の使用開始の目安

妊娠中の使用

トコちゃんベルト

産後直後から使用可能

可能

骨盤ウォーカーベルト

産後2ヶ月以上経ってから

不可

エアリーシェイプスマート

産後直後から使用可能

医師に相談が必要

骨盤クッション

医師に相談が必要

不可

※使用開始時期は目安です。
個人差もあるので医師に確認してから使用しましょう。

  • 【骨盤のゆがみの種類】骨盤の歪み・ズレ・開きについて
  • 【巻くだけダイエットで骨盤矯正】方法・効果・巻き方について

  • 【骨盤とゆがみのメカニズム】骨盤の役割や歪む原因とは
  • 【その症状!骨盤のゆがみが原因かもしれません!】歪みが招く様々なトラブル
  • 【骨盤矯正のしくみと効果・方法】整体やストレッチでゆがみを矯正!
  • 【骨盤ダイエットと骨盤ベルト】多様な骨盤ベルトとその効果
  • 【骨盤のゆがみと出産の関係】妊娠〜出産が骨盤に与える影響とは?
  • 【骨盤矯正コラム】矯正グッズやピラティスでゆがみを治す