骨盤矯正,クッション

1日15分座るだけ!?骨盤矯正クッション

骨盤矯正チェアについては他のページで紹介しましたが、骨盤矯正してくれるクッションも多くのメーカーから販売されています。

価格・形ともにさまざまですが、骨盤をキュッと引きしめる構造となっています。

骨盤クッションの使い方

骨盤矯正クッションは1日の中で15分座るだけで良いのです。
骨盤を引きしめる効果がありますが、バランスの悪い座り方や背筋が伸びていない状態で使用しても、なかなか効果がありません。

ただ座るだけですが、座っている時の姿勢は気をつける必要があります。

骨盤矯正クッションの気になる効果は!?

骨盤クッションは、骨盤のゆがみ方が人によって異なるので、効果も人によって違います。
使用方法や使用頻度も効果に大きく影響し、効果が現れるまでの期間も人それぞれです。

しかし、平均的には使用を開始して1〜2ヶ月で効果が出てくるのだとか。
むくみがなくなり、便秘が解消されたという声も。

骨盤矯正クッションのメリット・デメリット

デスクワークの人もそうでない人も、1日の中で座っている時間はたくさんありますよね。
座る姿勢も骨盤のゆがみに大きく影響しています。
骨盤矯正クッションは持ち運びができるので、職場やリビングなどでも使用することができます。

もちろん、床において使用することもできるのでテレビを見ながら・仕事をしながら…等、何かをしながら骨盤の矯正ができるのです。

しかし、人によっては慣れるまでお尻が少し痛かったり、なんとなく落ち着かなかったり…というデメリットもあります。

はくだけダイエットも!?骨盤ガードル

はいているだけで骨盤をしっかりサポートして調整してくれるガードルが人気です。
腰痛のある人は、はいているだけで腰痛が改善されるとか。

骨盤ガードルにはどんな効果が!?

骨盤ガードルは骨盤をサポートする構造となっているため、前からも後ろからもしっかり骨盤を支え、調整してくれます。

また、お尻の部分にヒップラインをアップさせる裏打ちを施しているものもあり、ヒップアップ効果も期待できます。

また、骨盤がサポートされるために血行が良くなり、冷え性・むくみも改善されます。

骨盤ガードルのメリット・デメリット

骨盤ガードルは、はくだけなので使用方法等意識せずに気楽に骨盤矯正ができます。
また、ウエストのあたりまでサポートされるので下半身がすっきり見えるというメリットもあります。
ベルトなどに比べアウターにひびかないのも魅力的です。

ローライズのタイプも販売されていますが、ウエストのあたりまであるものが多いので、ローライズのジーパンやスカートをよくはく人の場合には、アウターにひびきやすいというデメリットもあります。

骨盤ベルトのついた骨盤ガードルもある!?

骨盤ガードルだけでもしっかり骨盤をサポートしてくれますが、ガードルに骨盤ベルトが付いていて、ベルトを巻くことで更なる骨盤矯正の効果が期待できます。
ベルトだけを巻いているよりもずれにくいというメリットもあります。

また、骨盤ガードルと骨盤ベルトを両方着用している人も多いですが、アウターにひびきにくく、楽にベルトとガードルを着用することができます。

  • 【骨盤のゆがみの種類】骨盤の歪み・ズレ・開きについて
  • 【巻くだけダイエットで骨盤矯正】方法・効果・巻き方について

  • 【骨盤とゆがみのメカニズム】骨盤の役割や歪む原因とは
  • 【その症状!骨盤のゆがみが原因かもしれません!】歪みが招く様々なトラブル
  • 【骨盤矯正のしくみと効果・方法】整体やストレッチでゆがみを矯正!
  • 【骨盤ダイエットと骨盤ベルト】多様な骨盤ベルトとその効果
  • 【骨盤のゆがみと出産の関係】妊娠〜出産が骨盤に与える影響とは?
  • 【骨盤矯正コラム】矯正グッズやピラティスでゆがみを治す