骨盤底筋

骨盤底筋にはどんな働きがあるの?

骨盤底筋は骨盤の底部にある筋肉ですが、一つの筋肉ではなく、いくつもの薄い筋肉が集まって骨盤底部に広がっています。
そのため、骨盤底筋群とも呼ばれます。

骨盤の底で骨盤内にある子宮や膀胱、直腸などの生殖器・内臓を支える役目があります。
そのため、骨盤底筋が弱ってしまうと尿道や膀胱が垂れて、尿を出す・止める役目をしている尿道括約筋も緩んでしまい、尿漏れを引き起こしてしまうのです。

骨盤底筋が緩むと…

女性は特に緩みやすいとされている骨盤底筋。
骨盤底筋が緩むと尿漏れなどの症状などが現れます。
尿漏れの症状に悩まされている女性は多く、20歳以上の女性の3割が尿もれを経験しているのだとか。

しかし、男性も油断はできません。
男性は骨盤底筋が緩むと前立腺肥大となることも。
骨盤底筋の緩みは、人には知られたくない尿の症状を引き起こしてしまうのです。

尿漏れ(腹圧性尿失禁)とは?

くしゃみや咳をした時、重いものを持った時、大笑いした時などに尿が漏れてしまうのが尿漏れです。
尿漏れには「腹圧性尿失禁」「切迫性尿失禁」などがありますが、骨盤底筋の緩みが原因となるのは「腹圧性尿失禁」です。

腹圧性尿失禁とは腹圧のかかる動作(走る・くしゃみ・笑う・せきなど)をした時に尿が漏れてしまいます。
軽い症状では下着を濡らしてしまう程度ですが、症状が重くなると漏れる量が多くなってきてしまいます。

原因

腹圧性尿失禁は、骨盤底筋の緩みや尿道括約筋(排尿・蓄尿をコントロールする)が弱くなる、膀胱や尿道が垂れてしまうことなどが原因で起こります。

これらは、出産が原因で起こることが多く、腹圧性尿失禁の人のほとんどが出産を経験している人です。

治療法

症状が軽い場合には骨盤底筋を鍛える体操・運動をします。
または、骨盤底筋を強くするために電気で刺激を与える方法もあります。

症状が重くなると、尿道括約筋が機能するように手術を行う場合もあります。

快適に生活するために。

尿漏れがあると出かけたくなくなったり、自分の好きなスポーツもできなくなったりしてしまいます。

しかし、尿漏れの症状改善の治療を行いながら、快適に生活することが理想的です。
生理用ナプキンや尿漏れ専用のパッドなどを利用すると良いでしょう。

前立腺肥大症とは?

前立腺とは男性性器であり、女性の子宮に当たる臓器です。
前立腺は膀胱の下にあり、まん中を尿道が通っています。

この前立腺は本来ならば、年齢と共に小さくなっていくのですが、何らかの原因で大きくなって(肥大して)しまう場合があるのです。
前立腺が肥大すると、まん中を通る尿道を圧迫して排尿に支障をきたします。

前立腺肥大の症状は夜の排尿が頻繁になり、徐々に残尿管を感じたり、おしっこが勢いよく出なくなって排尿に時間がかかるようになってきます。
さらに症状が進むと、排尿ができなくなってしまいます。

原因

前立腺は加齢によって肥大しますが、原因は明らかになっていません。
男性ホルモンの働きが原因ではないかとされています。

治療法

症状が軽ければ薬物療法を行います。
尿道を広くして排尿しやすくする薬や、男性ホルモンの働きを抑えて前立腺を小さくする坑男性ホルモン薬などを使用します。

薬物療法で効果が現れなかった場合は前立腺を切り取る手術を行います。
前立腺肥大の度合いによって、内視鏡手術や開腹手術が選択されます。

前立腺の肥大を予防するために。

前立腺肥大の原因はまだ明らかになっていませんが、前立腺肥大は年齢を重ねることが関係しているので、老化防止で予防することができます。

また、アルコールやおしっこを我慢することも良くありません。

骨盤底筋を鍛えることで、前立腺の尿道への圧迫を軽くすることができます。

骨盤のゆがみと骨盤底筋のゆるみの関係

骨盤底筋は恥骨と尾骨の間にあり、骨盤がゆがむと骨盤底筋の緩みにつながり、骨盤底筋が緩むと骨盤がゆがむことにもつながります。

女性が特に骨盤底筋がゆるみやすいのは、出産で骨盤がゆがみやすいということと、出産で産道が開くことにより骨盤底筋の筋力が低下しやすいことが原因にあります。

骨盤底筋体操で骨盤底筋を鍛えよう!

骨盤底筋はさまざまな姿勢で肛門・膣を閉じることで鍛えられます。

尿漏れの心配がある場合は、お腹に力が入らないようにしながら行いましょう。
毎日行うことが大切です。

仰向けになって骨盤底筋体操

  • 1.仰向けになり、足は肩幅に開いて膝を曲げます。
  • 2.両手は楽に伸ばしておきましょう。
  • 3.リラックスしながら、肛門と膣をギュッと閉じます。閉じたまま5秒保ちましょう。

座って骨盤底筋群体操

  • 1.椅子に座り、足は肩幅に開いて床につけます。
  • 2.おなかや肩に力が入らないようにリラックスして肛門・膣を閉じて5秒保ちます。

四つんばいになって骨盤底筋群体操

  • 1.四つんばいになって、ほおづえをつきます。(ひじを床につけて手で頭を支えます)
  • 2.肛門と膣を5秒間閉じます。

  • 【骨盤のゆがみの種類】骨盤の歪み・ズレ・開きについて
  • 【巻くだけダイエットで骨盤矯正】方法・効果・巻き方について

  • 【骨盤とゆがみのメカニズム】骨盤の役割や歪む原因とは
  • 【その症状!骨盤のゆがみが原因かもしれません!】歪みが招く様々なトラブル
  • 【骨盤矯正のしくみと効果・方法】整体やストレッチでゆがみを矯正!
  • 【骨盤ダイエットと骨盤ベルト】多様な骨盤ベルトとその効果
  • 【骨盤のゆがみと出産の関係】妊娠〜出産が骨盤に与える影響とは?
  • 【骨盤矯正コラム】矯正グッズやピラティスでゆがみを治す